北九州イノベーションギャラリー|KITAKYUSHU INNOVATION GALLERY & STUDIO [KIGS]

Event

イベント

講座 開催日:2017年2月11日

蘭癖大名と呼ばれた佐賀と鹿児島の名君から、イノベーションを学ぶ

市民セミナー「幕末のトップを走った科学・技術」

「幕末のトップを走った科学・技術」

  ~蘭癖大名と呼ばれた佐賀と鹿児島の名君~

 今回、市民セミナーとして注目した人物は「鍋島直正と島津斉彬」。早くから先進的な技術に着目し西洋文物に興味の高かった2人を取り上げ、江戸から遠く離れた場所で技術革新が起こった理由を紹介します。現代でも参考にしたいリーダー像が見つかるかもしれません。

 2017年2月には佐賀県立佐賀城本丸歴史館にて企画展「直正と斉彬」が開催されます。講師の南里学芸員には佐賀藩が実践したユニークなオフィス環境を含め、佐賀城本丸歴史館についてもご紹介いただきます。

20170117fb3320a5ad8f79fe2b5ed2c5438ef73366303b57.jpg


島津斉彬が賞賛した鍋島直正の時代

 「西洋人モ人ナリ、佐賀人モ人ナリ、薩摩人モ同ジク人ナリ。退屈セズ倍々研究スベシ」と語ったのは 薩摩藩第 11 代藩主、島津斉彬。鉄製大砲鋳造の担当者に語った言葉で、佐賀藩の 16 回にも及ぶ改築の末、成功 させた努力と先進的な科学技術を賞賛しつつ、担当者たちを叱咤激励したのです。斉彬が賞賛の対象とした当時の佐賀藩とは、第 10 代藩主・鍋島直正の時代でした。


講師:佐賀県立佐賀城本丸歴史館

企画学芸課 学芸担当 主査

学芸員 南里昌芳氏

201612084799775dc722af40620429cb7375ab6c8cf777f9.jpg

チラシ

関連書類

開催概要

開催日平成29年2月11日(土・祝)
時間13:00~14:30
会場北九州イノベーションギャラリー プレゼンテーションスタジオ
主催北九州市、北九州イノベーションギャラリー
定員50名
応募条件興味のある方
料金無料
申込先北九州イノベーションギャラリー
TEL:093-663-5411
または下記フォームより申込可
申込期限2月10日(金)までにお申し込みください
ページトップへ

KIGS

北九州イノベーションギャラリー(産業技術継承センター)

福岡県北九州市八幡東区東田二丁目2番11号 Tel : 093-663-5411 Fax : 093-663-5422